YouTubeで探した爽やかなギターの台湾音楽

MENU

ギターの音色で始まる夢のある爽やかな台湾音楽

生命樹

YouTubeを検索していたら見つけました。

 

夢のある生活をしたい人におすすめの台湾音楽です。爽やかなギターの台湾音楽です。華流音楽もリズミカルで爽やかなものも多いんです。

 

歌詞を見ると夢のある歌詞です。
一起飛行吧と言いたくなりました。

 

台湾の風景もしっくりきます。見たことのある台湾らしい風景です。また台湾に行きたくなりました。


台北の西門町から夢のある世界へ飛び出そう

3:05には西門町の駅が出てきます。この歌に出てくる5人が一緒になると夢も叶いそうな気がしてきます。その集合場所が西門町というのはいいアイデアかもしれませんね。

 

西門町には夢がたくさん詰まっていそうです。そんな街です。台湾人は夢のあることを言う人が多そうな気がします。

 

 

今度台湾人の友達に会ったら一起飛行吧と言ってみようかな。

中国語がわかるとさらにCPOPが深く聞ける

中国語を勉強して台湾音楽が深く聞けるようになりました。

関連ページ

小城星電台の昨天我不懂的問題を聞いて台湾淡水一人散歩
小城星電台の昨天我不懂的問題を聞きながら台湾の淡水を思う。一人旅によく似合う曲。「一個人」という中国語単語がよく出てきます。「世界上(世界で)」という単語も。アコースティックギターが心に響きます。
旺福の背包客を聞きながら台湾バックパッカー一人旅
旺福の背包客を聞きながら台湾バックパッカー一人旅。背包客とは、中国語でバックパッカーという意味。軽快な音楽を聞きながら旅に出よう。動画の中ではグループ旅で台湾鉄道に乗って出かけます。こんな楽しそうな旅だったら友達と行く旅もいいかも。
台湾音楽を聞いて深呼吸の必要を感じる
台湾音楽を聞きながら深呼吸の必要を感じる。忙しい毎日ではいけないと思いつつも、ついついバタバタしてしまいがち。そんなときにcozy diary 輕日記の深呼吸という歌を見つけました。動画の中に出て車のハンドルがトヨタだったのもウキウキ。
台湾人バンドPIA樂團とくるりの共通点を一人旅から見る
一人旅をしていると、一人旅の意味の壁にぶつかる。ぶつかることはいいことなのだが、この問いに答えは無い。台湾人バンドPIA樂團の一百件快樂的事の音楽を聞いいていると、くるりのハイウェイの旅に出る理由という歌詞を思い出した。
台湾の南部に新しい高雄市立図書館がもうすぐオープン
台湾南部の高雄に図書館がもうすぐオープン。きれいなだけでなく省エネ設計で緑あふれる図書館だという。高雄のことが気になったのでこの歌を聞いてみました。來去高雄という曲。これを聞きながら高雄へ一人旅したいです。そして図書館でのんびりしたいです。
そうだ新しくできた台湾の最新の高雄市立図書館へ行こう
そうだ新しくできた台湾の最新の高雄市立図書館へ行こう。BGMは宇宙人(Cosmos People)の要去高雄。最新の図書館です。樹の中に図書館があり森の中にいるイメージ。世界初で世界最大のサスペンションシステム。中庭が素晴らしい。
サマソニ2014出場の台湾バンドの宇宙人が日本で初ライブ
台湾バンドの宇宙人の日本初ライブ情報。2014年のサマソニで人気があっただけにこれからブレイクの予感です。2015年3月6日(金)大阪、2015年3月7日(土)東京です。台湾では五月天と同じフェスに出ることも。チケットはお早めに。