一人旅で聞きたいおすすめの中国語カバー曲

MENU

JPOP中国語カバー記事一覧

なんでこんなに中国語がしっくりくるのだろうか。中島みゆきの中国語のメロディを聞いていると心に染みてきます。日本語のスローテンポのメロディと中国語メロディは相性がいいようです。中文カラオケに挑戦したくなります。時代の日本語歌詞も昔から何回も聞いてすごくいいのですが、この中国語の歌声とリズムはしんみりときますよね。ヒットの秘密がありそうです。一人旅でこれを聞くと旅情がより一層心に染みます。失恋旅行だっ...

NOKKOの人魚をブラックビスケッツで日本でも有名なビビアンスー(徐若瑄)が中国語で歌います。YouTube(ユーチューブ)でチェック。我愛你(ウォーアイニー)のサビの部分を一緒に歌ってみてください。日本の歌が台湾でも数多くカバーされています。スローな曲が多いような気がします。中島みゆきとか森山直太朗とか。中国語になって不思議なきもするけど、意外としっくりくるものも多いです。このNOKKOの人魚も...

キロロの長い間の中国語版の歌詞を歌う台湾人歌手の劉若英。台北出身です。Kiroroの長い間の中国語タイトルは很愛很愛你です。とてもとても好きという意味。少し意味が変わってくるけど、いいメロディーのカバーに仕上がっています。中国語を話せないけど、中国語に興味がある女子にはこの曲をおすすめしています。キロロの長い間は年齢層も幅広く知っている人が多いから。日本語の長い間が歌えたら、あとは中国語で歌うのは...

キロロの未来への中国語のカバー曲を台湾人女性の劉若英が歌っています。中国語では後來というタイトルです。後來(ホウライ)と「ほーら」が似ています。意味ではなく、音で訳してあります。キロロの歌は長い間とともに中国語によく似合います。中国語の勉強するには興味をもつのが大事です。興味がないと続きません。継続が大事なのです。Kiroroの未来へを口ずさんだことのある人なら、ここから勉強をスタートしたらいいか...

アンジェラアキの「手紙拝啓十五の君へ」を中国語カバーする劉若英。中国語タイトルは「繼續給十五歲的自己」です。手紙は中国語でトイレットペーパーの意味です。なので継続と意訳してあります。

私重奏ツアー中の一青窈。アルバムの中の特典DVDには台湾の映像も満載。この動画でも1:05あたりから台湾の映像が流れはじめます。台北食べ歩きツアーや西門町のゲリラライブの模様など。てくてく台湾も出版され、台湾との関わりがさらに深くなっています。SWEETS(スイーツ)、FOOD(食べ物)、SIGHTSEENG(観光)、RELAX(リラックス)、SHOPING(ショッピング)、SOUVENIR(お土...

アナザースカイ出演の一青窈は台湾を紹介。お父さんは台湾人、お母さんは日本人、幼少期は台湾で過ごしたそうです。動画を見ていると一青窈は中国語を話していたり、台湾のキリンビールのCMで台湾語で歌ったりしています。そんな一青窈は台湾人歌手の盧廣仲(ルーグワンジョン/英語名Crowd Luクラウドルー)と仲良しです。アルバム私重奏の中の勝負という曲はクラウドルーの作曲です。中国語で歐拉拉呼呼(ウララフフー...

日本の歌のカバー曲が台湾音楽にもたくさんあります。この森山直太朗のさくらもそのうちのひとつ。張善為が歌っています。なぜかタイトルは真夏的櫻花です。真夏が付いています。歌詞を見ているとさくらの物語にもうひとつの物語が合わさっているようです。サビの部分のさくらというところは日本語で歌っています。それ以外は中国語です。ちょっと不思議な感じ。日本との関わりも歌詞の中にあるので桜はさくらなのでしょう。